まるかわ製茶では「農林水産省 新ガイドライン」に沿った栽培をしています。

(https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/tokusai_a.html)

農薬・化学肥料を使用せず、有機肥料を100%使用して自然環境に優しいお茶づくりをしています。
お客様に安心してお使い頂ける安全なお茶をお届けいたします。


農薬、化学肥料を使用しない栽培の良いところは、
・みんなに優しく安全
・お茶の木が強くなる
・お茶が美味しくなる

・動物や昆虫がたくさんいる

・土がフカフカ
など


悪いところは、
・蜂が巣を作り危険
・お茶っ葉が病気や害虫に侵される
・草取りが大変
・収穫量が減り収入も減る
など様々ございます。


通常お茶の製造は年に3〜4回行います。
まるかわ製茶では年に1回のみの、新茶のシーズン一番茶のみの製造です。
農薬・化学肥料を使用していないので、一番茶の後に伸びてきたお茶っ葉(生葉)は病気になったり虫に食べられたりしてしまいます。
その為、一番茶後に伸びたお茶っ葉(生葉)は刈り捨て、長い年月を経て有機肥料となる循環型の農業を行っております。その結果、土壌は微生物やミミズが豊富で常にフカフカの土壌となっております。
しかし、どうしても茶の木、お茶っ葉(生葉)に付く病害虫は防ぐ事はできません。それは仕方ない事です。時には病害虫が付きお茶っ葉(生葉)が全て無くなり、木が弱ってしまいます。何年も枯れ木の様になってしまっていても、気長に待っていると、茶の木の生きようとする力で新芽が芽吹く時が来ます。
時間はかかりますが、農薬・化学肥料の力を借りなくても力強く生きていけるのです。

お茶農家は様々な形態があります
・お茶っ葉(生葉)だけを栽培している生葉生産農家
・自園のお茶っ葉(生葉)の他に、他園のお茶っ葉(生葉)を買い取り製茶して大量に市場に出荷する荒茶生産農家
・お茶っ葉(生葉)栽培、荒茶生産、販売までを一貫して行い、市場や小売販売する自園自製農家
などです。
まるかわ製茶は、小さな自園自製農家。
一番茶で収穫したお茶っ葉(生葉)のみを製造加工して小売販売をしています。
三代目店主が摘み取ったお茶っ葉(生葉)の状態を見極め最適な加工、ブレンドで美味しいお茶に仕上げております。
栽培品種はやぶきた、めいりょく、しゅんめい、おくみどりです。

最近注目を集めているシングルオリジンの煎茶「単一農園単一品種」も長年力を入れております。
日本茶業界では煎茶をブレンドして「一定の味わいをつくる」事が一般的なので、シングルオリジンは非常に珍しいことです。
まるかわ製茶のシングルオリジン煎茶(金・沼津)は、毎年八十八夜の頃に一番いい状態の茶畑のお茶っ葉(生葉)だけを製茶しております。その為、収穫した日、数量、品種全て把握しております。
シングルオリジン最大の特徴である「品種茶の個性」を楽しむ事ができます。
小さい自園自製農家だからできる事を一つ一つ丁寧に行い、皆様に安心してお使い頂けるお茶を作り続けます。

特別栽培農産物 

エコファーマ 認定 

認定番号 第2720006号


静岡県

食の都ブランド適正表示マーク


アクセス

住所

〒410-0305

静岡県沼津市鳥谷454

電話番号

055-966-3771